可児市の話題や最新情報
NewsLetter 朝鮮系政治活動団体と日本の自治体と

NewsLetter 朝鮮系政治活動団体と日本の自治体と

2021年5月4日 | ztbkqqj | Leave a comment

NewsLetter 朝鮮系政治活動団体と日本の自治体と。「表現の自由」と言えば何でも許されると思っている連中をシバキ倒せ。5泊3,396円以下の格安朝鮮系政治活動団体と日本の自治体との繋がりが明らかになるよりことなかれ主義で在日社会を刺激しない方が治安の為にはいいのでしょうかだけを紹介。あいちトリエンナーレの検証委員会を大村秀章知事が設置して、挺対協と愛知県との繋がりを有耶無耶にすることを企図している様子です 朝鮮系政治活動団体と日本の自治体との繋がりが明らかになるより、ことなかれ主義で在日社会を刺激しない方が治安の為にはいいのでしょうか 第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。その点。ロシアのほうが。まだしも物の常識とただの人情が政治の世界に通 用
する社会であった。畢竟。国家権力とは。国民を蹂躙?愚弄?篭絡する「嘘と
虚飾の体系」にほ かならないということになる。日露戦争の時代。日露両国の
社会主義者によって。反戦?非戦活動のため の連帯の声が交わされていたのです
。流言飛語の飛び交うなかで。多数の在日朝鮮人が虐殺され。社会運動 家の大
杉栄と伊藤野枝。橘宗一歳が憲兵隊甘粕正彦大尉らに よって惨殺され

【レビュー】数千冊は読書したサルが勧める、あなたの朝鮮系政治活動団体と日本の自治体との繋がりが明らかになるよりことなかれ主義で在日社会を刺激しない方が治安の為にはいいのでしょうかを変えるかもしれない35冊。お役所の事なかれ主義。あれもこれも禁止の世の中になった。お役所の事なかれ主義をこれ以上拡大させ
てはならない。われわれが自由に振る舞うための姿勢を見直す。徴収の智慧。法令出版社ぎょうせいの地方自治の総合情報サイト「ぎょうせいオンライン」は
自治体の実務情報から?時事に滞納整理と「事なかれ主義」; 折衝と分納
中心の滞納整理の背景にあるもの; 時代が生んだ歳入確保の要請; 悪質な滞納
地方税の滞納整理では。こんにちにおいてさえ少なからぬ地方団体で。滞納者と
折衝をして分納に持ち込むといった期の税を取り巻く社会経済環境という
大きなバックグラウンドも大いに影響を及ぼしているのではないかと思う。NewsLetter。各地。各界で頻発するここ年のバックラッシュの動きに対して。反論のための
出版活動をし。雑誌の特集を組み。集会や抗議活動をその後。自治体行政や
地方政治森屋裕子/世界女性会議ネットワーク関西。条例制定二木洋子さん/
高槻市市議。性教育図書の排除とその後の混乱は。行政のことなかれ主義
と隠蔽体質が引き起こした。男女共同参画局が国会質疑を受けた「事務連絡」
として。この使用を地方公共団体において「使用しないことが適切」と表明した

日常にひそむヘイト。だが。本当にそうだろうか。年月。ある民間団体の調査結果が発表された。
日本の大学や高校に通う在日コリアンと韓国出身の留学生の若者人超に
差別体験の有無を尋ねた実態調査だ。朝鮮奨学会の差別実態調査に協力した
社会学者で法政大特任研究員の明戸隆浩さん=東京都豊島区で年
ヘイト街宣などを見聞きした?%が。「日本で生活することに不安や恐怖を
感じた」と答えた。息ができない」と書かれたマスクを着けて。抗議活動

「表現の自由」と言えば何でも許されると思っている連中をシバキ倒せ。責任を追及されている愛知県の大村秀章知事自身が設置した検証委員会では公平?公正な判断がなされるとは到底思えない。これではマッチポンプだ。慰安婦像少女像は、平和の象徴ではなく反日の象徴で日本にタカル口実。慰安婦は実在したが、日本軍による組織的な強制連行などではなく、貧困のため親に身売りされたか、悪徳女衒に騙されたかで、いずれにしても日本の責任ではない。むしろ日本は悪徳女衒を取り締まっていた側だ。●「あいちトリエンナーレ」問題 河村たかし名古屋市長が激白「私と大村知事を国会に呼んで!」 「日本の世論がハイジャックされたような展覧会」2019.8.12 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で、昭和天皇の写真をバーナーで焼いて灰を踏み付けるような映像作品や、「慰安婦像」として知られる少女像などが展示され、開幕3日で展示中止になった問題をめぐり、愛知県の大村秀章知事は9日、検証委員会を設置を発表した。だが、責任を追及されている知事自身が設置した委員会が核心に迫れるとは思えない。評論家の西村幸祐氏が、名古屋市の河村たかし市長を直撃した。「この国際芸術祭には、国や愛知県、名古屋市などの公的資金が投入されている」「ぜひ、私と大村氏を国会に呼んでほしい」「国民に疑念を持たれている点について、公開の場で徹底的に説明?議論したい」河村氏はこう語った。問題の企画展「表現の不自由展?その後」には、昭和天皇の写真や慰安婦像以外にも、英霊を貶めるような作品も並んでおり、開幕直後から批判が殺到した。河村氏は通報を受け、すぐ見に行ったという。「私はトリエンナーレに賛同する立場で視察して、『これはひどい』と思った」「昭和天皇の写真もそうだが、普通の神経をした人なら『これは美術なのか?』と思うでしょう」「いわば、『日本の世論がハイジャックされたような展覧会だ』と思った」「だから責任を果たすために、実行委員会会長である大村氏に中止を申し入れた」テロや脅迫ともとれる抗議も相次いだため、大村氏は3日、「安全な運営が危ぶまれる」として企画展の中止を発表した。左派メディアはこれに猛反発。大村氏は5日、河村氏が中止を求めたことを「『表現の自由』を保障した憲法21条に違反する疑いが極めて濃厚」と批判した。河村氏は「憲法21条違反などという非常識な人間がいるらしいが、本当に憲法を理解しているのか?」「『表現の自由』は無制限ではない」「憲法12条の『公共の福祉』に反するような展示は認められない」と語った。前出の検証委員会は、企画展について、一連の経過を整理して公表するほか、公金を使った芸術作品の展示や支援、危機管理体制についても検討するというが、それが問題の核心とは思えない。やはり、芸術監督にジャーナリストの津田大介氏が起用された理由と、大村氏が企画展の展示をどこまで把握?容認していたかだろう。それを解明したうえで、2人の責任問題が問われるべきだ。●愛知「芸術祭」問題、百田尚樹氏参戦で白熱! 「大村知事は『表現の自由』理解していない」「人種差別も名誉毀損も可能に」 2019.8.9 愛知県の大村秀章知事に批判が殺到している。同県で開催されている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」で、昭和天皇の写真を焼いて灰を踏み付けるような映像作品や、「慰安婦像」として知られる少女像などが展示された企画展が開幕3日で中止になったが、「表現の自由」を掲げて自身の責任を認めないのだ。作家の百田尚樹氏は「大村氏はまったく『表現の自由』を理解していない」と言い切った。芸術祭の主催は、愛知県や名古屋市などでつくる実行委員会で、文化庁の補助事業である。税金が投入された公共施設でのイベントで、皇室や日本を貶めるような、政治色の強い展示が行われていたのだ。このため、大阪府の吉村洋文知事は7日の記者会見で「表現の自由は保障されるべきだが、『反日プロパガンダ』と国民が思うものを愛知県が主催者として展示するのは大反対だ」「大村氏は辞職相当だと思う」「責任を取らなきゃいけない」と語った。ネットでも、大村氏への批判が多い。これに対し、大村氏は8日、記者団に「哀れだ」「この程度のレベルの人が大阪の代表なのか」「表現の自由を規定した憲法21条をまったく理解していない」と反論した。これはおかしい。「表現の自由」を唱えれば、何をやってもいいのか?憲法は12条で「公共の福祉」に反する権利乱用を禁じている。この問題を、どう考えるべきか。前出の百田氏は「『表現の自由』は無制限ではない」「それを許してしまうと、人種差別や名誉毀損も、『芸術』という看板を掲げれば可能になってしまう」「あいちトリエンナーレはここを逸脱した」「慰安婦像はアートとはいえない」「反日プロパガンダのモニュメントだ」「百歩譲って、大村氏がそれでも戦うなら税金を投じてやるべきではない」「憲法12条の『公共の福祉』に忠実でなければならない」と語っている。●有本香の以読制毒昭和天皇と英霊を貶め、慰安婦像を展示する…「あいちトリエンナーレ」本当の“戦犯” 2019.8.9 先週、愛知県で開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」がとんでもない事態となっている。筆者も月曜に急遽、名古屋市へ飛び、河村たかし市長に面会してきた。簡単に経緯を整理すると、8月1日にオープンした「あいちトリエンナーレ」は、3年に1度、愛知県と名古屋市などの自治体が中心となって開催される現代美術の祭典だ。今回で3度目となる。過去2回は美術専門家の監督によって大過なく終了したが、今回はどういう経緯か、美術監督にジャーナリストの津田大介氏を迎える異色の体制で臨むこととなった。その津田氏肝いりの企画展「表現の不自由展?その後」の内容が開幕直後に「大炎上」し、わずか3日で展示中止となったのだ。筆者は一足遅く、件の企画展を見ることはできなかった。そこで、実際に展示を見て、実行主体の愛知県に物申した河村市長の感想を紹介したい。「そりゃもうビックリこいたわね!」「あんなもん、ダメに決まっとる」「税金使って、名古屋市と愛知県が主催しているとみえるイベントで、まるで慰安婦について韓国側の主張を正しいと認めて政治宣伝するような展示をして、いいわけがない」そもそも、あの慰安婦像を「芸術だ」とする知見とはどういうものか。筆者は、ツイッターで津田監督に尋ねたが、いまのところ回答はない。一方、実行委員会にも諮らず、独断で企画展中止を決めた愛知県の大村秀章知事は、河村市長や、同じくこの展示を問題視している大阪市の松井一郎市長、吉村洋文府知事らの発言を「憲法21条が定める『検閲の禁止』にあたる恐れがあり、表現の自由を害するもの」と批判した。筆者含め、この発言に納得がいかない国民は多い。河村氏は言う。「表現の自由は、相互承認あってのものだ」「芸術ならどこで何をやってもいいわけではなく、公共の福祉に反するものはアカンとされる」「その観点から、日本の公共イベントで、天皇陛下のお顔を焼くなんて展示が自由に許されるわけがない」多くの国民が河村市長と同じ感覚を抱くはずだが、不思議とマスメディアの扱いはそうではない。特に、朝日新聞と系列のテレビなどは、大村知事を大擁護し、河村市長をたたいて「表現の自由を守れ!」と大騒ぎしている。この件はまだ取材途中だが、騒動の根っこが少し見えてきた。問題の企画展には、トリエンナーレ全体の実行委員会と別に、実行委員会がある。今般の中止に対し、「法的措置も辞さない」構えだと報じられた、その実行委員会のメンバーを見て、なるほどと合点がいった。過激な反天皇活動にも名を連ねる人物や、NHKで2001年に放送されて大騒動に発展した「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」に関する番組の元プロデューサーの名前がある。4年後には、朝日新聞がこの番組について「安倍晋三氏と中川昭一氏が政治介入した」と報じ、安倍、中川両氏が事実誤認として、朝日新聞に訂正と謝罪を求める事態となった、いわくつきの番組だ。企画展を見たある人は「反日左翼のプロパガンダ展」と感想を語った。このような展示を許した大村知事の見解をただしたい。●日本国憲法第十二条 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。〔個人の尊重と公共の福祉〕〔集会、結社及び表現の自由と通信秘密の保護〕第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です