可児市の話題や最新情報
確認の際によく指摘される項目 キン肉マンチームが初戦でビ

確認の際によく指摘される項目 キン肉マンチームが初戦でビ

2021年5月3日 | ztbkqqj | Leave a comment

確認の際によく指摘される項目 キン肉マンチームが初戦でビ。ミキサー大帝がいないので、パワー分離機にかけられて「火事場のクソ力」を奪わることはないと思うので、案外、キン肉マンが5人抜きをしたかもしれませんね。【入門用】お姉さんが何を言っているかわからないキン肉マンチームが初戦でビッグボディチームと戦っていたらどうなると思いますかな件。キン肉マン、王位争奪編 キン肉マンチームが、初戦でビッグボディチームと戦っていたら、どうなると思いますか 確認の際によく指摘される項目。は泣けました。 マンモスマンの圧倒的な強さの前に見せ場のなかった剛力
チームのメンバーが ここで一気に成仏した感じです。王位争奪戦当時。
小学生の思い出に。只の弱いチームボスだと思ってた。ビッグボディ。
まさかの活躍でキン肉マン342話までの感想とそれ以降の予想ついにBP砲の。また今回は。明日更新予定のキン肉マン最新話以降の予想も含めて書いて
みたいと思います。スーパー?フェニックスは。超神たちが欲している
カピラリアの欠片をビッグボディは所持しておらず。全ては自分が手にしている
ことをモニター越しに伝えます。どう考えても『王位争奪サバイバルマッチ編
』に於いてもチート級の強さを誇っていた『知性チーム』のメンバーというと
。スーパー?フェニックスは自分とのタッグで超神と闘って欲しいから…

ミキサー大帝がいないので、パワー分離機にかけられて「火事場のクソ力」を奪わることはないと思うので、案外、キン肉マンが5人抜きをしたかもしれませんね。全員がパワーファイターなので,キン肉マンがスタミナ切れで負けて体格で劣るミートに出番が回ると一気に厳しくなるかと。ロビン?テリーが間に合えばどうにでもなりますが他の方の回答にあるように判断遅れが出るとまずいですね。※ それなら,現シリーズで後付けしたようにウルフマンを※ メンバーに入れた方が良かったかと。※ 1回戦ならメンバー枠は余っているわけですし,※ なんだかんだ言ってもウルフは頼まれたら断らなかったかと。剛力チームは飛翔チームより、1ランク弱いと思います。なので、あまり苦戦せず、そのため、ロビンマスクたちは助けに行くべきという決断が遅れて、少数で戦わなければいけない時間が伸びたキン肉マンチームは追い込まれ、結果的に飛翔チーム戦と同じくらいの苦戦になると思います。連戦でダメージの蓄積したスグルは副将戦を獲れずドローとなり、大将戦でボッコボコになったミートが死にかけまで追い込まれたところで、ようやく救援が間に合う流れですかね。大苦戦を強いられていたでしょう。メンバーは、ロビンなどでは面白くないので、悪魔超人にチャンスを与えてメンバーとして闘ってほしいです。先鋒 スプリングマン次鋒 ジャンクマン中堅 キングザ100t副将 スグル大将 ミート君スグル「ウンチマンとは、悲惨な名前じゃのう」ペンチ「ペンチマンだ」スグル「ベンキマンの親戚か?」ペンチ「違う!そこから離れろ!」ゴングが鳴るも、静かな始まりスグル「改めて見ると、強面じゃのう」ミート「ベンキマン…そうですよ王子、ベンキマンには勝ったじゃないですか!同じヒゲの強面バッファローマンにも、手に凶器を持つウォーズマンにも!」スグル「そう言えばバッファローマンは最初、ヒゲモジャだったのう。そうじゃ、ヤツらの為にも負けられるか!」ペンチ「おしゃべりは終わりだ そらそら!」張り手に出るペンチスグル「怖?い凶器にはこうじゃ!」スグル、サマーソルトキックでペンチの腕を蹴り上げるミート「うまい!ウォーズマン戦への特訓が活きた!」よろめくペンチにスグルが組みつきに行くスグル「そして張り手はウルフマンの方が上じゃい!」ペンチ「そうかい、だがハマったのはお前さんの方だったな」両手を組み作った巨大ペンチで、スグルの首を挟むペンチペンチ「くらえペンチ?クロー!」スグルの首からは血が流れ出すスグル「く、苦しい…息も…」ペンチ「終わりだな」ミート「王子!ロビンも、ジャンクマンの血の池地獄から帰って来ましたよ!」スグル「ロビン…しかし血で滑らせて脱出は…出来ん…」スグル噴出する血で目潰し、もこの状況では無理…ここで出せるのはスグル、ペンチ?クローをつかんでいた手を離し、下ろすペンチ「ガハハ、あきらめたか」ミート「王子?!」スグル「秘技ホワイトホールじゃ!」スグル、パンツを下ろすと大放屁ペンチ「く、臭い…」ビッグ「手を離すなペンチマン!」ミート「愚策な」ペンチ「くさ…すぎる…」ペンチ失神スグル?ー??ペンチマンミート「王子の屁の威力を侮りましたね」スグル「いやぁ?こっちがウンチマンになるところだったわい」ビッグ「ダーハハハ、秘技を出させてやったぞ!次は勝てる!次!」レオ「ええい臭いわ!地獄の砲弾!」レオ、前屈すると背中から砲弾を発射。リングの中央に大きな穴があき、爆風で匂いが飛散するスグル「こいつも怖?」例によって次のページではリングは無事。ゴングが鳴るや、レオがいったレオ「次鋒レオパルドン、いきます!」ミート「王子!銃にも気をつけて!」レオ「グオゴゴゴ」レオ、左腕の銃を乱射スグル「ええーい、肉のカーテンじゃ!」銃弾を肉のカーテンで受けるスグル、ダメージはないが体勢を崩されるスグル「おわーっ」レオ「今だ、地獄の砲弾!」レオ、砲弾を発射スグル「来ると分かっていて、くらうバカはおらんわい!」スグル、砲弾をジャンプでかわし爆風も利用スグル「久々のフライングパンチじゃ!」レオ「ギャアーッ」スグル?ー??レオパルドンビッグ「バカな…パンチ一発で」ミート「そうか…首がないことが災いして」スグル「頭は打撃への吸収性がない、と」ビッグ「肉のカーテンは破った!次こそ勝てるぞ!次!」ゴーレム「ゴアッ」スグル「私はサンシャインにも勝ったのだ、ビビるものか!」ミート「王子!替えのパンツならありますよ!」スグルがパンツをはき替えるとゴング、2人が組み合うゴーレム「ゴアッ」スグル「おわーっ何て怪力じゃーっ!」様子を見るつもりのスグルだったが、ゴーレムは強引に、力で一気にジャイアントスイングにいくゴーレム「ゴアッ」スグルはコーナーに投げ捨てられ鉄柱に激突。倒れたスグルにフライング?ニードロップ ミート「正統派で強い…しかしそれよりも、連戦で王子の首からの出血が止まらない!」スグル、フロント?ネック?チャンスリードロップでダウンゴーレム「ゴアッ!」おそらくトドメだ、と言いたいのだろう。ゴーレムがボディプレスにいくスグル「ええい、さっきからゴアゴアと!そんなにケツアゴを見てほしいのか!」スグル、ボディプレスの出始めを受け止め、投げ飛ばすゴーレム「ゴアッ」ゴーレム、ひるまず尖った肩を突き出しタックルへスグル「掟破りの居反り投げじゃーっ!」ゴーレム、タックルの勢いを利用されリング外へ投げ飛ばされるスグル?ー??ゴーレムマンビッグ「掟破りまでさせおったわ!次は必ず勝てるぞ!次!」ミート「王子、約束の3人抜きですよ!あとは無理しないで…」スグル「何を言うんじゃミート。お前のアドバイスは2人抜きの力があるんじゃ。あと2人のアドバイスも頼むぞ」ミート「王子…」キャノン「ハアハア」スグル「キャノン坊やか、かわいらしい名前じゃのう」キャノン「ハアハア」スグル「何じゃこいつは!ハアハアしか言わないではないか!」ミート「キャノンボーラー…火の玉小僧といったところか?王子、相手の飛び出しに気をつけて!」スグル「おうよ!」ゴングが鳴ると、待ってましたとばかりのラリアートにいくキャノンスグル「おわーっ!」ミート「うまい!今の王子にとって弱点である、首を狙っている」キャノン「ハアハア」キャノン、素早く次のラリアートにいく。更にラリアート、ラリアートミート「何て徹底した攻めなんだ…」キャノン「ハアハア」スグル、意識も遠のきダウン寸前スグル打たれまい、打たれまいとする姿勢ほどもろいものはない…またもキャノンがラリアートにいくスグル「打たれて結構、いや、もう一歩進んで打ってもらおう!」スグル、脱力すると一歩前へキャノン「!?」ミート「うまい!キャノンの虚をついた!」スグル「懐かしの一本背負いじゃ?!」キャノン、ダウンスグル「もしかして、お主ラリアートしか出せんのではないか?」ミート「まさか…それでずっとハアハアと」キャノン「ボ、ボクはキャノン?ラリアートしかないわけじゃないぞ!キャノンボムという技だって」キャノン、何とか立ち上がると組みにいくがスグル「動きがバレバレじゃわい」あっさりキン肉ドライバーのえじきスグル?ー??キャノンボーラービッグ「ダーハハハ、もう虫の息だ!子供でも勝てるぞ!次!」ミート「…次はあなたですよ?」ビッグ「!?」スグル「確かにお主はキン肉族にふさわしい容姿じゃが…」ビッグ「そうだろう、そうだろう」スグル「しかしやはり偽者っぽいぞい…28号さん」ビッグ「それはモデルだ!オレ自身ではない!」ゴングが鳴るや意外にもスグルから仕掛けるミート「王子…」スグル「イチかバチかのキン肉ドライバーじゃ!」更に意外にも、あっさりと技にかかるビッグミート「もう意識も体力も保てないんだ…」スグル「こいつできまりじゃーっ!」ビッグ「1億フルパワー!」スグル「!?」キン肉ドライバー炸裂、だが更に筋肉が膨張したビッグボディはノーダメージミート「ああ…キン肉ドライバーで無傷…」スグル「そ そんな…」ビッグ「ダーハハハ、お返しだ!」ビッグ、スーパーパイル?ドライバースグル??ー?ビッグボディ客「テリーはどうした!ロビンを出せ!」「金返せ!」「ウルフマンは誘ったのか!」その頃テリーロビンは超人警備隊と交戦中スグル「す、すまんミート」ミート「いいえ、約束は3人抜きですよ。ボクには秘策があります。ちょっとズルいようですが、お許しを」スグル「な、なんじゃいきなり」ミート「メイプルリーフクラッチ、ですか」ビッグ「な、なんだ突然」ミート「本当にあるんですかね?そんな技」ビッグ「う、うう」ビッグが動揺する中、ゴングが鳴るミート「えい!」ビッグ「うわーっ」スグル「な、何じゃ!?」ビッグが驚き、焦る後ろをミートがとるミート「閉門クラッシュ!」両肘両膝で膝を挟まれ、ビッグがよろけるスグル「あれは、ミートの隠し技、念力!」ビッグのマスクが前後逆になっていたのだビッグ「何だ、何が起こったんだ!?」ミート「ミート式火事場のクソ力!」ビッグのよろける力をも利用し、ミートのバックドロップがきまるビッグ「何だ!?天変地異か!?」スグル「まだ気づかんのか…」ミート「しかし、さすがにKOとはいきませんね…」ミート、コーナーへ登るとミート「ミートキッズ魚雷!」頭突きが倒れたビッグの顔面にきまるビッグ「ぐわーっオレはどうなってしまったんだーっ」頭を抱えるビッグだったがビッグ「ん?マスクがずれているんじゃ?」マスクを直し立ち上がるビッグ「おお!マスクが直ると不思議な現象もおさまったぞ!」スグル「私もビックリするほどのアホじゃ」ミート「スキあり!」ミート、ビッグの股下をスライディング、その勢いで両手で足をすくうビッグ「うわーっ」ビッグの顔面がコーナー鉄柱に激突ミート「あなたが悪人でないということは分かりましたが、大王の座は譲れません!」ミートが天龍チョップの乱れ打ちミート「ボクの手が折れても、あきらめません!」スグル「ミート、ミート。もう終わってるみたいじゃぞ」ミート「え」ミート?ー??ビッグボディスグル「キン肉族ということに間違いはないようじゃが」ミート「ええ、この筋肉、このアホさ…」スグル「アホさとはなんじゃ?!」その頃フェニックスは、4人抜きしたマンモスマンと交代し、マリポーサと交戦。その実力と経歴から、入閣を勧誘その後のキン肉マンチームは無傷のテリー?ロビンの活躍と火事場のクソ力もあり準決勝を順調に勝ち抜くが、順調だけにマッスル?スパークの開発が遅れる。また、アノアロの杖未入手ということもあり、決勝戦敗退

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です