可児市の話題や最新情報
戦艦大和の最期 太平洋戦争で日本軍は戦闘機乗りの日本兵に

戦艦大和の最期 太平洋戦争で日本軍は戦闘機乗りの日本兵に

2021年5月5日 | ztbkqqj | Leave a comment

戦艦大和の最期 太平洋戦争で日本軍は戦闘機乗りの日本兵に。簡単に言えば、「それが1番成功の可能性が高かったから」です。いち早く1%?27%程度の完成度で人に見せられる太平洋戦争で日本軍は戦闘機乗りの日本兵に生存率がかなり低い敵の戦艦に向かって体当たりする特攻をしたのですかを作ることがいかに重要か、という話。太平洋戦争で日本軍は戦闘機乗りの日本兵に生存率がかなり低い敵の戦艦に向かって体当たりする特攻をしたのですか 何故、日本軍は特攻という手段を取ったのですか 太平洋戦争で日本軍は戦闘機乗りの日本兵に生存率がかなり低い敵の戦艦に向かって体当たりする特攻をしたのですかの画像をすべて見る。「神風特別攻撃隊」の本当の戦果をご存じか。特攻。今日では美化されて語られることの多い「十死零生」のこの作戦。一方で
。はたしてその戦果がどの程度だったゼロ戦のような戦闘機に限らず。撃墜
される場合は死角である後方から攻撃されることが多い。第二次世界大戦末期
。大日本帝国海軍は航空機が搭載した爆弾もろとも敵艦に突っ込む「神風特別
攻撃隊」特攻隊を編成のは。「ガンビア?ベイ」を撃沈したのが日本軍
戦艦だったのか。あるいは巡洋艦だったのか判然としないからだ。ある。元
特攻兵の証言

太平洋戦争で日本軍は戦闘機乗りの日本兵に生存率がかなり低い敵の戦艦に向かって体当たりする特攻をしたのですかに記憶を自動保存する方法【ウマすぎ注意】。戦艦大和の最期。そのため琉球諸島には沖縄本島だけで牛島満中将が率いる陸軍部隊の将兵約8万
6千名と大田実少将が率いる海軍部隊の将兵約1今や実戦可能な大型戦闘艦は
世界最大の戦艦である戦艦大和ただ一艦を残すのみとなっていたのだ。 また。
太平洋戦争において艦隊以上の主要戦力となっていた陸海軍の航空機部隊も。
開戦時には世界屈指の技量を持つと評されこのため今後襲来するであろう米軍
艦隊に対する大日本帝国陸海軍がとり得る攻撃方法は。航空機による特攻体
当たり攻撃を特攻。これ以前から。兵力の減少と搭乗員の技量低下の中で大きな戦果をあげるには。
体当たり攻撃をするほかはないという声が。一方で。沖縄戦での米軍側の艦船
上の戦死者は人近くにのぼる が。そのほとんどが日本軍の航空特攻による
もの海軍は。零戦に爆弾を積んだ神風特別攻撃隊。陸軍は。爆撃機を使った
富嶽隊。万朶隊が出撃した。航空特攻では。戦闘機ではなく複数の搭乗員が
乗る重爆撃機を使った特攻も行われていた。人乗りの重爆撃機「巨大戦艦
大和と武蔵

簡単に言えば、「それが1番成功の可能性が高かったから」です。急降下爆撃や雷撃は訓練の段階で死人が山のように出るぐらい難易度が高く、実戦では敵の直掩機や対空砲火による迎撃でさらに難易度が跳ね上がります。なぜかというと、敵の妨害が無い訓練でも100%に近い命中を出すのはまず無理1人だけ居たらしいですけどね。70%の命中率で桁が違うって言うレベルなんですけど、実戦では敵の妨害が入りますから、攻撃を避けてそれを実行しなきゃならないわけで。結局、1発でも食らったらおだぶつまわけですから、真珠湾やミッドウェーなどでも、搭乗員の能力は日本の方が上でしたが、アメリカの反撃で、死と隣り合わせの訓練を生き残って、人間を辞めていた大エース達もドンドン戦死していったわけです。で、アメリカみたいに、経験を積んだ搭乗員を死なせないようにする配慮も無かったので、後方で新兵を育て上げるベテランもほとんどいない状況で、マリアナ沖海戦を迎えて、コテンパンにやられたわけですこの戦いで残っていたわずかなベテランもほぼ全滅そうなってくると、どうやって敵艦に爆弾をぶつければ良いのか?って言う話になってくるんですけど、確実に当てるなら航空機ごとぶつかれば良いって言う頭おかしい結論になって、特攻が実施されたわけです。で、初期に関大尉などのベテランがやって成功敵空母を沈めていますしたので、それに続けとばかりに特攻が実施されたわけです。で、まったく結果が出なかったわけではなく、上述した大エース達と何度戦っても沈められることが無かった、アメリカの英雄とも言える空母にエンタープライズと言うのがあるんですが、この空母は事実上1隻で日本海軍を壊滅させたって言えるぐらい、日本艦を沈めているんですが、このエンタープライズを仕留めたのが、特攻だったんですよね。仕留めたと言っても、大破して長期間の修理が必要になっただけだったんですけど、人間辞めてる大エース達が束になって掛かっても、短期間の修理で済むぐらいのダメージしか受けなかった偉大な船を特攻機が倒しちゃったんですよね。この辺考えても引っ込みが付かなくなったんでは無いかと思います。特攻隊で船を撃沈するという誤った解釈しているからですね。正確には、飛行機に積んである燃料を炎上させることにより敵艦の視界を遮り対空攻撃が弱まった隙に急降下爆撃を行うという戦術です。このような二段攻撃前提なのが神風特攻です。爆撃機が体当たり攻撃となってしまうのは意図的にではなく、攻撃の最中に被弾し回避できなくなった時やパイロットの未熟さゆえに引き起こしが間に合わずそのまま体当たりしてしまうなどの場合です。特に空母などは艦上に爆弾を抱いた攻撃機が待機していますので、戦闘機による特攻だけでも撃沈しうる獲物です。特攻はこの空母を目標としていたのですが、特攻攻撃を受けたアメリカ軍は空母を後方に配置し、前衛に戦艦や防空巡洋艦などを並べるようになったため、空母までたどり着けず戦艦に突撃することとなったということです。そもそも、燃料を使い切った状態で体当たりをしても意味がないですからね。最後の方の特攻は戦果がなく無意味だったという人もいますが、沈めるだけが特攻の意味ではありません。アメリカ軍は特攻をかなり警戒し空母を後方に配置するという運用を強いられたため、空母からの日本本土の飛行場を空爆するのを困難するという立派な意味ありました。また、飛行時間が制限されるため、軍艦などへの防空に手が回らず週間空母というあほみたいなペースで空母を作る羽目になったなど、アメリカにとっては結果的に膨大なコストを強いています。また、数十機の特攻隊を止めるため、アメリカは毎回数百機単位の迎撃を飛ばさざるを得ず、被撃墜はほとんどなくてもこれだけの数を飛ばせば、当然、事故死や行方不明機が多数発生しました。真面に戦った結果、ボロ負けの連続。これ以上の正攻法で戦っても勝てる相手じゃないと悟った大本営が最終手段として特攻作戦を決断した。熟練したパイロットを多数失っており、かつ戦況の悪化により、特攻しか手段がなかったからです。神風特攻隊は実際には多くの戦果を残し米軍に多大な損害を与えていました。それに日本では無駄死にだったと言われているこの行為が何と敵国である連合国からは称賛されていたんです。 ■ダグラス?マッカーサー陸軍元帥 「沖縄では、大部分が特攻機から成る日本軍の攻撃で、米側は、艦船の沈没36隻、破壊368隻、飛行機の喪失800機の損害をだした。 これらの数字は、南太平洋艦隊がメルボルンから東京までの間にだした米側の損害の総計を超えているものである。」 ■アーネスト?J?キング海軍元帥 「四月六日からはじまった日本機の攻撃は、いままで嘗てなかった激烈なものだった。この特攻戦は凄惨を極めた。 略海上では戦死行方不明4907名、戦傷4824名であった。艦船は沈没36隻、損傷368隻であり、飛行機の喪失は763機であった。」 ■チェスター?W?ニミッツ海軍元帥 「我が海軍がこうむった損害は、戦争中のどの海域よりも、はるかに大きかった。沈没30隻、損傷300隻以上、9000人以上が死亡、行方不明または負傷した。 この大損害は、主として日本の航空攻撃、とくに特攻攻撃によるものであった」 ■第五艦隊司令官スプルーアンス大将 「敵軍の自殺航空攻撃の技量と効果および艦艇の喪失と被害の割合がきわめて高いので、今後の攻撃を阻止するため、利用可能な、あらゆる手段を採用すべきである。 第20航空軍を含む、投入可能な全航空機をもって、九州および沖縄の飛行場にたいして、実施可能なあらゆる攻撃を加えるよう意見具申する。」 ■第3艦隊司令長官ハルゼー大将 「神風攻撃は、日本海軍の敗戦にもかかわらず、大変面倒なものになった」 ■第38任務部隊司令官ミッチャー中将 「神風特攻阻止には空母機動部隊群の増強が必要で、海兵隊の戦闘機隊を空母に搭載すべき」 ■RLウェアマイスター海軍中尉 「神風は米艦隊の撃滅には成功しなかったが、多大の損害を与えた。 在来の戦法ではとてもこんな成果を上げられなかったであろう。 日本の飛行機に関する数字が正しいものならば、日本が失った飛行機の12%で、米損傷艦艇の約77%、米海軍人員の死傷者中約80%をやっつけたことになる。すばらしい戦果といえよう。また神風の特攻があったため、多数の米高速空母がハリツケになったことも、大きな成果のひとつである。 もしも神風攻撃がなかったら、これらの空母は、自由に日本本土の基地や工場を破壊することができたはずである。」 ■マルカム?ハーバート?マックガン大尉護衛空母「サンガモン」乗組パイロット 炎上中の特攻機を海中に投棄するのを手伝ったマックガンは、ずっとのちになって、日本軍パイロットを賞賛して、 「わが艦の飛行甲板を突き抜けたあの男は、私より立派だ。私には、あんなことはやれなかっただろう」と語った。 ■ハンソン W?ボールドウィン米国の従軍記者 「4月末になっても、菊水特攻隊の作戦は衰えをみせなかった。この恐るべき死闘は、なお2ヶ月間も続くのである。 ???4月以降になると、これほどの艦船の沈没、損傷の危険は二度と無かった。 5,6月両月を通じて、沖縄の戦いは徐々に爆弾対艦艇の戦闘から人間対人間の意志と耐久力の試練に変わっていた。 毎日が絶え間ない警報の連続だった。ぶっつづけに40日間も毎日毎日、空襲があった。そのあとやっと、悪天候のおかげで、短期間ながらほっと一息入れたのである。ぐっすり眠る。これがだれもの憧れになり、夢となった。頭は照準器の上にいつしか垂れ、 神経はすりきれ、だれもが怒りっぽくなっていた。艦長たちの眼は真っ赤となり、恐ろしいほど面やつれした。」 ■アルバート?カフUP通信社 「カミカゼ特攻隊は、確かに大きな損害を米軍に与えた。そしてカミカゼのパイロットたちが、 勇敢な人たちであったことは疑いがない。そしてアメリカ兵が“カミカゼ”を恐れ、怖がったことは否定できない。 実際、パニックが起こりかけていた」■マルカム?ハーバート?マックガン大尉護衛空母「サンガモン」乗組パイロット 炎上中の特攻機を海中に投棄するのを手伝ったマックガンは、ずっとのちになって、日本軍パイロットを賞賛して、 「わが艦の飛行甲板を突き抜けたあの男は、私より立派だ。私には、あんなことはやれなかっただろう」と語った。 ■アンドレ?マルローフランス 元文化相 「日本は太平洋戦争に敗れはしたが、そのかわりに何ものにも替え難いものを得た。それは、世界のどんな国も真似のできない特別攻撃隊である。スターリン主義者たちにせよ、 ナチ党員にせよ、結局は権力を手に入れるための行動だった。 日本の特別攻撃隊たちは、ファナチックだっただろうか。断じて違う。彼らには、権勢欲とか名誉欲など、かけらもなかった。祖国を憂える尊い情熱があるだけだった。 代償を求めない純粋な行為、そこには真の偉大さがあり、逆上と紙一重のファナチズムとは 根本的に異質である。人間は、いつでも、偉大さへの志向を失ってはならないのだ」ソロモン海戦での充分に訓練を受けたパイロットの相次ぐ戦死。そして天王山であるマリアナ沖海戦での完膚無きまでの敗北。米国の航空機戦術の対応や弱点、最新兵器、物量など日本軍を圧倒しました。喧嘩上手の米国は日本自慢の零戦も丸裸にしました。正当法ではもう勝てないと判断した大本営は、恥を忍んで特攻という戦術を選択しました。軍にとって兵隊は一銭五厘のコストしかない消耗品ですから。劣勢になってくると、これを「有効活用」しようと色々な特攻兵器が考えられたんです。軍も所詮はお役所です。今の役所が獲得した予算を必ず全額使い切り、事業を中止することが無いのと同じです。とくにマリアナ沖海戦から台湾沖航空戦にかけて、まともに爆弾や魚雷を投下できるパイロットが払底した上、米軍側の防空体制もシステム化されたことでもはや通常攻撃では目立った戦果を挙げられなかったからです。戦争末期には熟達の操縦士がもはや払底し、練度未熟なる操縦士による通常攻撃では戦果をあげられなくなっていた。そこで特別攻撃隊を編成し、多大なる損害を与えることで、厭戦気分を蔓延させ、講和の際に多少なりとも有利な条件を引き出す事を企図して何度も行われた。情緒的な事を廃して端的に戦果のみ述べるなら、数字は前後するが、撃沈は主に小型艦57隻だが、重大な損傷により大型艦を含む108隻が戦列外になり、長期間修理の為離脱?無力化された。大破は83隻、損傷206隻で合計283隻被弾損傷させた。大破の内18隻が修復不能、あるいは割に合わないものとしてそのまま除籍された。なお、大破以上の損害は半ば艤装をやり直すレベルの損害を受けたことを表している。人員の損失は、陸海合計で4000人弱に対して、アメリカ側は7000人程の人命が失われた。評価日本の特別攻撃は、艦隊の防空網をズタズタにし、ピケットラインを破綻寸前まで追い詰めた。ピケットラインの外縁部を構成していた駆逐艦の損害が特に大きく、このペースで損害が増えればピケットラインの維持が出来ないと言う悲鳴のような報告書がある。また、しばしばピケットラインを越えて護衛対象の正規空母にも命中していた。撃沈こそ無いが、16隻の正規空母が損傷を被り少なくとも数日は航空機の離発着が出来なくなり、内二隻は喫水線より上の大半を造り直す程の大きな損害を被った。日本側も人材を使い捨てることになり先細りしていたが、本土決戦に備えての温存が無ければ遂にピケットラインを構築出来なくなり、更に大型艦の損害が増えただろう。特攻を始めたのは、劣勢が決定的になった終盤になってからです。その頃になると、性能?航空機の数?熟練パイロットの数?燃料?武器弾薬、どれをとっても不足状態で勝てるところがない状態になってしまっていますので、どうにかして敵を少しでも食い止めようと、特攻を始めたわけですね。まあ、日本らしい精神論根性でどうにかなるの延長ってことでしょうけど。おわかりだとは思いますが、当時はまだ誘導兵器なんてものは実験段階でしか無かったので、敵の攻撃をかいくぐりながらターゲットを狙い撃ちするには、人が操縦するしか無かったわけですからね。もっとも、実際の特攻による戦果はたかが知れていたようですけどね…精神的なダメージは大きかったようですが、それが逆に民間人含めて徹底的に殺さないと…という意識につながって、より悲惨な状況を生むことにもなったわけですけど。マリアナ沖海戦第一次攻撃 前衛出撃64機零戦14機、爆装した零戦43機、天山7機喪失41機零戦8機、零戦爆戦31機、天山2機第一次攻撃 甲部隊出撃128機零戦48機、彗星53機、天山29機喪失99機零戦33機、彗星43機、天山23機敵機動部隊までたどり着き投下した魚雷や爆弾の内至近弾の爆発損傷を除き彗星が戦艦の主甲板に250kg爆弾を命中させます戦艦サウスダコダ小破 乗員24名死亡日本海軍は空母艦載機140機搭乗員223名の喪失と引き換えに250kg爆弾1発を命中させた訳ですこのマリアナ沖海戦で日本海軍は空母9隻と艦上機460機余りの戦力を投入し250kg爆弾1発をサウスダコタに命中させる戦果を得ますが日本海軍は機動部隊壊滅となる大損害でした空母 3隻喪失、中破1隻、小破3隻虎の子3隻の主力空母の内2隻を喪失航空機476機基地航空機や水上機含む結果として通常の航空攻撃魚雷や爆弾投下では米機動部隊に損害を与えられなくなっていましたアメリカ軍はマリアナ沖海戦前に装備を一新対空レーダーを装備新鋭戦闘機F6Fへ更新VT信管の対空砲弾投入と対空機銃の増設ここに至り誘導爆弾特攻による攻撃へと日本軍航空機の主な攻撃方法が変更され次のレイテ沖海戦から終戦まで特攻が実施されますフィリピン戦線での特別攻撃のある一日を、米軍の戦闘記録より引用する。昭和二十年一月六日 海軍特攻七隊三○機、陸軍特攻五隊六機、計一二隊三六機が特攻をした。三六機は前日より少ないが、「戦果」は多かった。アメリカ太平洋艦隊司令長官のニミッツ提督をして、「参加機数に比例して、この戦争中もっとも効果をあげた」と言わしめた数日間による日本軍特攻で、最大の恐怖をアメリカ軍に与えたのである。なにしろ、三六機の特攻機の内、一二機が体当たりを成功させ、七機が至近距離に突入して、被害を与えたのだから。どんな艦艇が特攻機の被害を受けたか、時間を追って見てみよう。 11:00 掃海駆逐艦「ロング」 一機至近 11:22 駆逐艦「リチャード?P?リアリ」 一機至近 11:59 戦艦「ニュー?メキシコ」 一機命中12:00 駆逐艦「ウォーク」 一機命中 12:06 駆逐艦「アレン?M?サムナー」 一機命中 12:08 豪重巡「オーストラリア」 一機至近 12:09 戦艦「ミシシッピー」 一機至近 12:11 豪重巡「シュロプシア」 一機至近 12:15 掃海駆逐艦「ロング」 一機命中 同 輸送駆逐艦「ブルックス」 一機命中 14:06 戦艦「ニュー?メキシコ」 一機命中この日二回目 14:27 駆逐艦「オブライエン」 一機命中 同 駆逐艦「バートン」 一機至近 15:00 軽巡「コロンビア」 一機至近 17:20 戦艦「カリフォルニア」 一機命中 17:30 掃海駆逐艦「ロング」 一機命中この日二回目撃沈 同 軽巡「コロンビア」 一機命中至近と合わせこの日二回目 17:31 重巡「ルイスヴィル」 一機命中フィリピン作戦中の三回目 17:34 豪重巡「オーストラリア」 一機命中この日二回目 以上は「ドキュメント 神風」にもとずくものだが、「第二次大戦米国海軍作戦年誌」には、このほか重巡「ミネアポリス」、駆逐艦「ニユーコム」、掃海駆逐艦「サウザード」も特攻機によって損傷を受けたと記載しているが、特攻機の突入時間は不明である。沖縄戦で米艦隊の幕僚には、「特攻攻撃が、数日続き衰えを見せない場合、米艦隊は包囲を解いて退却し、再挙の方法を考慮すべきである」という論議が大勢を占めるに及んだ。 通常攻撃ではこれだけの戦果は与えられなかった。日本のパイロット養成学校はレベルが低く4年通ってもドイツの1か月分の能力も無いという体たらくでしたというのも教育が日本式でほとんど教科書での勉強か校庭での体育でした飛行機も旧式の複葉機が40数人に1機と言う程度で毎日交代で乗っても1か月半に1回で程度ですドイツは飛べ飛べ実践第一で朝から日が暮れるまで飛んで訓練したため日本は4年学校に通っても飛行時間がドイツの1か月分も無い状態です日本の飛行学校を4年通っても満足に離着陸さえできませんでしたドイツは2年で実戦投入ができるパイロットが育ちました戦争が続きベテランパイロットが次々死ぬと日本は替えがいなくなったのですへぼパイロットばかりでとてもじゃないけどアメリカと戦える状態ではなくなりましたパイロットのレベルが低すぎ出撃してもどうせボロ負けで死ぬそれだったら体当たりで死んだ方が成果出るだろ?ということです特攻が初めて正式に作成として行われたのは1944年10月のレイテ沖海戦です。それまでも、機体が損傷して帰還困難と判断した場合敵に体当たりする事もあったらしいです。1944年にもなると、開戦時にいたエースパイロットはほとんど戦死、パイロットは皆練度が低かったのです。なので、練度が低くても体当たりなら出来るだろうと、特攻を始めたらしいです。分かりにくくてすいません。他に敵の船舶を攻撃する手段が無くなったからです。その時点で降伏すべきだったと私は思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です