可児市の話題や最新情報
古代―19 ヤマト政権は4世紀頃鉄や進んだ技術を求めて朝

古代―19 ヤマト政権は4世紀頃鉄や進んだ技術を求めて朝

2021年5月4日 | ztbkqqj | Leave a comment

古代―19 ヤマト政権は4世紀頃鉄や進んだ技術を求めて朝。百済と倭国は親戚です。8万円のベストセラー本?1日92分ヤマト政権は4世紀頃鉄や進んだ技術を求めて朝鮮半島南端の伽耶諸国と関係を深め百済とも同盟を結んで高句麗や新羅と戦いました法?が凄すぎる!。ヤマト政権は4世紀頃、鉄や進んだ技術を求めて朝鮮半島南端の伽耶諸国と関係を深め、百済とも同盟を結んで高句麗や新羅と戦いました 5世紀に入ると、ヤマト政権の大王は、中国の南朝に何度も使いを送り、皇帝の権威 を借りることで、倭の王としての地位を高め、朝鮮半島の国々との関係を有利なものにしようとしました 質問です 朝鮮半島の国々との関係を有利なものにしようとしたのはなぜですか 関係が有利になるとなんかメリットとかがあるんですか 古代―19。世紀から 世紀にかけて,日本当時,中国の歴史書では倭国と称されていた
は, 朝鮮半島への軍事侵攻を繰り返していた。そして, 世紀の後半に
は,百済現韓国の 西半分に位置する及び加耶諸国任那等,朝鮮半島の南端

百済と倭国は親戚です。渡来人たちから鉄資源だけでなく仏教や農耕技術や文字などいろいろ必要なものが倭国に手に入る。いわば現実的な利害の付き合いが日本人と朝鮮人の間に出来ていた。今の日韓関係の双方の未熟ぶりを見る限り大違いだ。まあ海を挟んでの戦争と流血が絶えないのは今の日韓も昔も変わらないが。歴史はつながり今に至るもの。竹中平蔵氏の歴史は歴史的名言が作るらしい。が文字記録は昔朝鮮人から倭国習った。何も知らない証拠だな。今の日韓は馬鹿ばかりですね。互いに昔の英知を忘れているんです。古代中国の冊封制度において、半島の諸国は歴史的に属国に区分される冊封国で、日本列島の大和は中華帝国の支配関係の外側に位置する朝貢国に区分されます。この関係で朝貢国が中華帝国と交流を持つ場合、中華帝国と朝貢国との間にある冊封国が連絡使の役割を果たします。この時、朝貢国の格に合わせて冊封国は中華帝国が定めた儀礼規定に従った対応が必要となります。国の格において、東の大和国、西の大月国が冊封国や朝貢国を含めた諸国の中で一番格が高く、中華帝国の儀式では最上位に扱われますから、半島諸国はそれに従った礼儀を求められることになります。大和国の朝貢使の一行が九州から海峡を渡った後、冊封国である新羅国や百済国は朝貢使の格に合わせた礼儀規定に従い責任を持って、自国の国境この場合は大陸遼東半島の湊まで送り届ける責任があります。帰国時も同じです。他にも冊封国である百済国と新羅国は折々の中華帝国に関わる通達送致や連絡も国の格に合わせた伝達使を大和国に向けて立てる必要があります。大和国は中華帝国の中で東側では第一番の格を持つ国ですから、百済国や新羅国の伝達使は大臣級の格を持つ人物を立てる必要が出て来ます。大和国がその人物に伝達使に職務のご褒美に物品を下賜すると、外見上は百済国や新羅国は大和国への朝貢国に見ることも可能となります。国際関係における中華帝国の冊封制度では、このような実務があります。前提から全く違います。◎縄文時代縄文時代に森林で縄文人が縄文文化を営んでました。長江下流から西日本にかけて照葉樹林が茂っていました。長江下流では倭族が温帯ジャポニカ米の水田稲作や高床倉庫や鳥居やしめ縄などの照葉樹林文化や長江文明を営んでいました。倭族は漢人に攻められて四散し、その一部が済州島や対馬や壱岐に渡来し、温帯ジャポニカ米の水田稲作をもたらし、天国あまくにを建てました。当初は縄文人が倭族から水田稲作を北九州にもたらして、菜畑遺跡になりました。◎弥生時代倭族は更に北九州にも渡来して倭人=渡来系弥生人になり、弥生時代が始まり、水田稲作などの弥生文化を本州や四国や朝鮮半島南部にも広げました。日本列島は低地が狭かったので、渡来系弥生人同士が低地や河川や収穫を奪い合って、戦いました。勝ったムラはクニになり、出雲王国など百余国が建国されました。縄文人と渡来系弥生人は混血して日本人=大和民族になりました。倭人=渡来系弥生人の天国あまくには天照大神あまてるおおかみと言う王がいて、その子孫は出雲王国や筑紫などを占領しました。国々は戦争を続け、勝った国は領土を広げました。最後まで徹底抗戦して負けたムラは奴隷にされ、被差別部落の起源の一つになりました。倭人=渡来系弥生人は倭国を建て、その勢力は済州島と対馬と壱岐と北九州と朝鮮半島南端に及びました。倭国は後漢に遣使して、「漢委奴国王」印を授かったりしていました。後漢から魏に変わり、遼東半島には公孫氏が独立し、倭国は公孫氏から狙われることになりました。倭国には卑弥呼女王がいて、その頃には30カ国程に統一が進みました。238年頃に倭国は魏に朝貢して、公孫氏から防衛しようとしたので、今度は呉と対立し、有明海沿岸に軍事基地を築いて防衛し、吉野ケ里遺跡になりました。奈良盆地のヤマト王国は纏向に西日本諸国連合の施設を営み、西日本各地の様式の土器が集まって、纏向遺跡になりました。◎古墳時代高句麗からの渡来人がヤマトや倭国などに古墳文化をもたらしました。百済や新羅からも渡来しました。朝鮮半島南端にも倭国が前方後円墳を築きました。392年に倭国は高句麗と戦い、高句麗広開土王碑に記されました。魏が結局南朝になったので、倭の五王は南朝の宋に朝貢し続けました。日本列島の諸国は戦争を続け、摂津のオオド王=継体王と倭国の磐井王は磐井戦争を戦いました。◎飛鳥時代倭国は大宰府を都とし、仏教を取り入れ、倭国王阿毎字多利思北孤あめのたりしひこ、あめのたりしほこは遣隋使を送りました。一方ヤマトは征服した諸国の元王達に古墳の祭祀を禁じ、皇室の祖先神をアマテラスだという事にし、諸国の元王達の祖先神をアマテラスの子分の神々として序列化し、代わりに神社を建てさせました。更に外来の仏教を強制し、古墳の造営を禁じて、寺院の建築を推し進めました。倭国は白村江戦争で新羅や唐に敗れて衰えましたが、ヤマトは白村江戦争に参戦せず無傷でした。7世紀末にはヤマト王国が倭国などに防人を送って滅ぼし、西日本を統一し、国名を日本とし、その王を天皇と改めました。諸国の歴史書を集め、それらを参考文献にして、「天皇紀」「国記」「帝紀」「旧辞」などを編みましたが、それらは失われ、更に「古事記」「日本書紀」を著しました。そして参考文献は焚書し、倭国の歴史を抹殺したと考えられます。尚、北海道の縄文人は蝦夷になり、更にオホーツク人と混血してアイヌ人になりました。沖縄の縄文人は日本人と混血して琉球人=沖縄人になりました。朝鮮半島南端の倭国の前方後円墳を大韓民国は日本の物と誤解して恐れ、破壊しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です